意外と忘れがちな“ビジネスマナー
じっくりおさらいしてみましょう  ー名刺編ー

 

接客編 接客編 接客編 接客編 接客編 接客編 接客編

 

2-1 名刺の受け方・渡し方

名刺をいただく時は相手の人格を受け取るという思いで、いただいた名刺は丁寧に扱うようにしてください。

  • 名刺の受け渡しをする時には立ち上がり、テーブルなどがあった場合は、回り込み相手の正面に立って受け渡しをしましょう。
  • 名刺を受け取るときには、両手で文字に指がかからない下の両角を持ち、胸の高さでいただきます。「ありがとうございます。頂戴いたします。」(名指し人に取り次ぐ場合は「お預かりいたします」)
  • 名刺を渡すときには、片手で文字が指に掛からないように上の角を持ち、 向きを確認して、「○○会社、△△部の○○です。よろしくお願いいたします。」と、 名乗りながら胸の高さに差し出す。
  • 名刺を差し出されたら、軽く会釈をして「頂戴します。○○会社の△△様
    でいらっしゃいますね」と声に出して確認します。
  • 読み方のわからない場合は、「失礼ですが(恐れ入りますが)何とお読み
    すればよろしいでしょうか」とたずねます。名刺をあなたの顔です
    *会社名、人名は簡単な字でもいろいろな読み方があるので、うのみにしないで必ず確認します。
  • 1対1の交換の場合は、訪問した側や、立場が下の人から先に差し出す。
  • お互いが同時に差し出してしまった場合は、まず、左手で相手の名刺を受
    け取り、そして相手が自分の名刺を持ったのを確認したら右手を離し、相手の名刺に添えて両手で持ちます。



2-2 複数の方と名刺交換をする時は

  • 役職が上の人から先に名刺交換します。
  • テーブルの上に座席順に名刺を並べてお名前を覚えてからしまう様にしましょう。また名刺の上に書類などがのらないように注意しましょう

 

お客様に上司を初めて引き合わせる時には、まずお客様に自社の上司を紹介して、その次にお客様を自社の人に紹介するという順番になります。たとえ上司であっても、呼び捨てで構いません。「課長の○○です」と名前の前に肩書きを持ってきましょう。

名刺を並べるときは

 

2-3 名刺をお返しするときは

連絡のためにお預かりした名刺は丁寧にお返しするのが礼儀です。

「お名刺ありがとうございました」とお返しします。

 

2-4 相手が先に出した場合は

立場が上の人から先に、名刺を受け取った場合は、相手の名刺を受け取った後、「申し遅れました」と一言添えてから自分の名刺を出しましょう。

 

2-5 名刺を切らしていた場合には名刺はビジネス必須アイテム。切らさないよう気をつけて

名刺を切らしていた場合は、「申し訳ございません。ただ今、名刺の持ち合わせが ございません。○○社○○部の▲▲▲▲と申します」と侘び、次に合った時に、 「先日は失礼いたしました」などの言葉を添えて渡しましょう。

 

 



 

オンライン仮登録
新着!求人情報
本登録にお越しになる方へ
職務経歴書の書き方
福利厚生
コールセンターのお仕事って?